ちょっとした掃除が原因でトイレを詰まらせてしまった体験

トイレのトラブルに1番多いトイレットペーパーの詰まりですが、私の場合は以前にちょっと変わった原因でトラブルにあってしまった経験があります。トイレットペーパーを流す量には勿論限度がありますが、トイレの床が汚れているという事でトイレットペーパーを使って床掃除を始めたのがトラブルの始まりでしたね!

床を拭いては便器に捨てて を繰り返しながら掃除を行なっていたのですが、やっとの思いで掃除が終わる頃には便器にはかなりの量のトイレットペーパーが。その状態で確認もせずに私は水を流してしまったんです!今までトイレットペーパーが詰まった経験は無かった為、今思えばトイレットペーパーでは詰まらないでしょ?と思い込んでいたのだと思います。トイレットペーパーはかなりの量だった為、不幸にもトイレを詰まらせてしまいました。

トイレを詰まらせた場合の対処によく使われるラバーカップですが使い方がよく分からず、結局修理業者にお世話になりましたね!ラバーカップを使えば簡単に直せた詰まりという事でしたから、十分に自分自身で対処出来たトイレトラブルでした。大阪水漏れ業者の方が来てからすぐに直った為、何だか申し訳ない気持ちにもなりました。皆さんも私の様にならない様にトイレトラブルの際のラバーカップの使い方は、知識として持っておいてくださいね。

トイレの水を流したら水が止まらなくなりました

あるときトイレで用を済ませたあとにレバーを押して水を流したところ、通常ならば数分後には水の流れが止まるのですが、完全には止まらなくなってしまったことがありました。

しかし、便器の中の水の量が増えていくとか、水が便器から溢れる現象にはなりませんでしたので放置していたところ、水道料金がふだんの2倍以上の金額となってしまい慌てて水道工事の業者に来てもらい、トイレのタンクを見てもらったのです。

すると、すでに築20年以上が経過しているマンションということもあり、バルブが老朽化していて完全に水の流れが止まらなくなっていたようでした。ですから、トイレのタンクのなかのバルブを交換してもらったところ、レバーを押しても再びふだんどおりに数分後には水の流れが完全に止まったのでした。

そして、次回の水道メーターの検針のときには通常使用のときの下水道使用量に戻っており、水道料金もふだんどおりの金額に戻って一安心できたのでした。
トイレの水トラブルとなると、素人の私にはどのように対応したらよいのかわかりませんから、東京トイレ修理掲示板などに掲載されている専門の業者の方に来てもらって良かったと思っています。

水のトラブルは業者の方が早い!

ある日トイレを利用していて、流したトイレットペーパーの量が多く詰まってしまって水が流れなくなってしまったことがありました。

自分で何とかできるだろうと思って色々と行ってみましたが、どこで詰まってしまっているかを特定することができずとても時間がかかってしまいました。自分で同行しているよりは業者を頼んだほうが早いのではないかと考え直し、水漏れ業者比較サイトに書いてある業者に電話をしてきてもらうことにしました。

さすがに慣れているのか、電話をしてから30分ほどで家に到着しました。この速さにはびっくりした記憶があります。仕事柄、水のトラブルについてよく見ることが多いと思いますので、現時点でのトイレの状況を見定めてすぐに作業に移っていました。

すると、いくらもせずにトイレットペーパーの塊がトイレから出てきて、水が不具合なく流れるようになりました。自分で試行錯誤していた分、「これだけ早く作業が終わってしまうなんて…」とびっくりしました。

今後、自分自身が水のトラブルで困ってしまうようなことがあればすぐに業者に電話したいと思いますし、自分の周りの人や友達が水のトラブルで困ってしまっているようであればすぐに業者に電話することをお勧めしたいと思います。

古くなった蛇口がサビて折れた!自分で探して交換したけれど…

台所の蛇口の先端が古くなり、取り付けていた浄水器の重さに耐えられなくなったのか折れてしまったことがあります。
ネットで検索してみると蛇口のスパウト部分というのか、その部分だけを自分で交換している方がいたのでそれを参考にして自分で交換してみることにしました。

しかし、いざやってみると大元の部分がなかなか回せず、まず取り外しができないという壁に当たってしまいました。
特に難関だったのが食器洗い乾燥機に水を分配する部分が全然外れてくれなかったことです。
さらに元に戻そうとしてもその部分だけはどうしてもハマってくれませんでした。
どうにかしてスパウト部分を取り付けても、今度は水が出ないということも起こりました。
数時間書けてなんとか交換しましたが、最初から業者の方にお願いした方が良かったとその時に思いました。

良かった点は何年も開けていないような場所なので、サビや水垢などが現れて数年に一度でもいいので蛇口部分は取り出して洗ったほうがいいのだと学ぶことができました。
もしも次に壊れたりした際には業者の方にお願いしようと思います。

トイレのタンクからチョロチョロ音がする!水漏れ原因はトイレの浮き玉?

トイレを流すレバーの部分などから水が吹き出すというトラブルがありました。

そのようになる前からトイレのタンクの中からチョロチョロと水が流れる音がしていました。
きっと水が溜まっていくための音なのだろうと気にしていなかったのですが、ある日からトイレの奥の方の床が濡れるようになってきました。
なぜなのだろうと思い、試しにタンクの上部分を開いてみると浮き玉みたいなものがずれて水がどんどん溜まっていっているような状態でした。

手で押してみると、水が止まったのでこれで大丈夫だろうと思ったのですが、しばらくするとまたチョロチョロと音がするようになりました。
そしてもう一度タンクを開けてみると、今度は水が止まらなくなってしまい溢れ出るようになってしまいました。
仕方なくトイレの水の元栓を止めて水を止めました。

そのままではトイレも使えませんし、業者の方にお願いをして浮き玉のようなものを交換していただきました。
そうするとチョロチョロ音がすることもなくなって水が出てくることもなくなりました。
トイレが使えないのは不安ですし、もっと早めに見て貰えばよかったです。

トイレが流れなくて大惨事

先日の出来事です。トイレに行ったところ、便器に水が全くなくなっており、トイレットペーパーだけが残っていました。

不思議に思いもう一度水を流すレバーを押したのですが、今度は水がたまるだけで流れません。そして時間が経つと水だけが引き、トイレットペーパーは流れないのです。どうしたら良いかわからず、レバーを引きながらお風呂にためてあったお湯を流してみましたが、結果は同じでした。

ついに自分ではどうしようもなくなり、インターネットで「水のトラブル」と調べて近くの業者さんに来てもらいました。19時すぎだったのですが、その日のうちに来て頂けました。

道具を使って処理をして頂いたのですが、それでも流れず、劇薬を流し込んでつまりをとってもらいました。もしかしたら何か固形のものを落としてないですかと言われました。そのような記憶はなかったのですが、このような原因でつまってしまうということが多いそうです。

ただ、料金は2万円ほどかかったので痛い出費でしたが、自分ではどうしようもなかったので来て頂いてとても助かりました。

お風呂のお湯が出なくて

お風呂のお湯が出なくなってしまって専門の業者さんに頼んで見てもらう事になりました。

故障した時が冬だったので凍結したのかなと思ったのですが他の所のお湯は使えたのでお風呂だけ壊れたのかなと思いました。専門の業者さんに見てもらうとバスタブに冬になったら半分お水をはっておくか残りのお湯を次の日の朝まで入れておいて下さいと言われました。

その日は外のガスの調節をしたり機械をかまってくれたりしてお湯が出るようになりました。私が住んでいるのはマンションなのですが、マンションの管理人さんに聞いてみたら言うのを忘れていましたと言われて腹が立ちました。

最初に大事な事を言ってくださいよ!とちょっと喧嘩になりました。業者さんは一発で原因を突き止めてくれたのでプロの人は違うなと思いました。これからは凍結しないようにバスタブにお湯をはるようにしています。他の所が凍結しなかっただけでもマンションで良かったなと思いました。